専門別サイト
一覧
ダイビング
サーフィン
ゴルフ
ウェディング
クルーズ
世界遺産
海外旅行の新基準「レーベル」
レーベルについて
一人旅行
家族旅行
上質な旅
直前バーゲン
女子旅
弾丸旅行

海外旅行・ツアーTop  >  マレーシアの海外旅行・ツアー >  マレーシア基本情報 ~マナーと豆知識編~

エリア基本情報

挨拶 スラマット パギ(おはよう)
スラマット タンガ ハリ(こんにちは…正午まで)
スラマット プタン(こんにちは…午後/こんばんは)
テリマカシ(ありがとう)
服装・マナー 年間を通じてとにかく暑いので、通気性の良い服装を。 高原地帯では朝晩冷え込むこともあるので、薄い上着があると便利。室内と屋外の温度差が大きく、デパートやレストランはエアコンが効きすぎるくらいなので、長袖が一枚あると重宝する。ジャングルトレッキングの予定があれば、歩きやすい靴など目的に合わせて準備したい。リゾートのレストランなどではドレスコードを定めている場合もある。
モスクや寺院の見学時には露出の少ない服装で。場所によってはスカーフの着用が義務づけられているところもある。イスラム教では左手は不浄とされているので、物を渡すときは右手を使う。子どもの頭をなでることも慎みたい。
喫煙 ラマダン期間中の日中は、人目に付く公共の場で喫煙をしないこと。
飲酒 イスラム教国だが、観光客はアルコールOK。アルコール類はスーパーでも購入できる。レストランや中国系の屋台でも飲酒可。ただし、マレー系の屋台ではアルコールは置いていない。
飲料水 ミネラルウォーター以外は、飲用しないほうが安心。
免税について ホテルやレストランでは5%のサービス料が必要。なお、ランカウイ島、ラブアン島は免税になっている。
税関 【入国時】
酒類1本(1.8L程度)、紙巻きタバコ225g(約200本)までは無税で持ち込める。お金はUS$2500(約27万円)相当以上持ち込む場合は税関に申告が必要。また、猥褻物の持ち込みは厳禁、麻薬の持ち込みは旅行者といえども死刑を含む極刑が科せられる。
【出国時】
1000リンギットの現地通貨または2500USドル相当額以上の外貨(トラベラーズチェックなどの有価証券も含む)を持ち出す際は申告が必要。
あると便利な持ち物 日本に比べて日差しが非常に強いので、日焼け止めはもちろん、帽子、サングラスなどを持参したい。デング熱対策に、虫除けスプレーなどがあると便利。
クレジットカード 主要カードはVISA、マスターカードなど。
郵便 マレーシアから日本へは航空便でおおよそ10日程度。ハガキが50セン、封書は20gまで1.4リンギット。

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 次へ

ページ先頭へ

お役立ちサイト

  • 外貨プリペイドカード
  • おみやげ宅配サービス ギフトランド
  • イモトのwifi

お問い合わせ先

お客様のご要望に充分にお応えし、+α(プラスアルファ)の感動を提案させていただくために、ご来店は予約をお願いしています。
ご来店予約ご来店の際は、旅への思いを存分にお聞かせください。最大限の準備をしてお迎えいたします!
ご予約は「 来店予約フォーム」をご利用ください。また、お電話でのご予約も可能です。(定休日と営業時間について

インド洋
南太平洋
オセアニア
太平洋
北米
中南米・カリブ海
南米
東南アジア
南アジア
東アジア
日本
西欧
南欧
中欧
東欧
北欧
中近東
アフリカ

▲マレーシアの海外旅行・ツアーTOPへ

マレーシアのページです。マレーシアの海外旅行・ツアーをお考えならエス・ティー・ワールドへ(STW)へ!マレーシアの海外旅行・ツアーのプランを多数お取り扱いしております。マレーシアの海外旅行・ツアーならエス・ティー・ワールド(STW)!

海外旅行・海外ツアーのエスティーワールドCopyright © 2002-2019 STWORLD, Inc. All Rights Reserved.