憧れのスイス~ルツェルン&ベルン編~ | スイスの旅行記

支店
渋谷
福岡

憧れのスイス~ルツェルン&ベルン編~

エリア
ベルン
/スイス
テーマ
街歩き
時期
2010/3/12~2010/3/19
投稿日
2010/3/20
更新日
2017/10/6
投稿者
本社スタッフ

スイス最後の滞在都市はルツェルン&ベルン
ベルンは飛行機の出発時間までのわずか2,3時間の滞在でしたが、スイスの首都ですので、スイスを訪れたなら、一度は行ってほしい場所です。ルツェルンもベルンも、スイスアルプスとはまた別の魅力がたくさんあります。スイスアルプスで自然を満喫した後は、スイスの町を満喫してみてはいかがでしょうか?
 

スタッフおすすめ!お得ツアー

≪成田発カタール航空≫スイスの美しい街並みを満喫する◆◇ベルン×チューリヒ6日間~STWなら日数や他都市周遊もアレンジ可能!あなただけのスイスご旅行をご提案いたします~

成田発

≪成田発カタール航空≫スイスの美しい街並みを満喫する◆◇ベルン×チューリヒ6日間~STWなら日数や他都市周遊もアレンジ可能!あなただけのスイスご旅行をご提案いたします~

日数:6日間  
旅行代金:140,800円~278,800ツアーはこちら

  • ルツェルンの夜

    ルツェルンは中央スイスを代表するにぎやかな町ですが、ほとんどの見どころは駅と旧市街の周辺に集まっていて、歩いて回ることができます。湖の周囲はいくつもの山で囲まれていて、リギ、ピラトゥスなど湖と町とアルプスの展望台がいくつもあります。時間があれば、滞在中、展望台へ上ってみてはいかがでしょうか?

    また、ルツェルンは旧市街全体から車を締め出しているため、スイス第4の都市にもかかわらず静かで、気品がある都市です。メンデルスゾーン、チャイコフスキー、ゲーテなどにの数多くの芸術家に愛された町でもあります。

    鉄道発着駅のルツェルン中央駅は古都の玄関にふさわしい壮麗な建物です。ホームのある地上階の設備は乏しく、観光案内所とスーパーがあるほかは、カフェエリアやファーストフード店があるだけ。買い物をするのであれば、地下に降りましょう。
    左:ルツェルンの夜景

    中:ルツェルンの夜景

    右:ビールで乾杯★

  • MONOPOL HOTEL

    ルツェルン中央駅目の前の「MONOPOL HOTEL」。
    旧市街へも徒歩圏内なので、観光にも非常に便利な立地です。※デポジットにクレジットカードが必要となります。

    左:外観。1階にマックがあります。
    中:客室
    右:客室

  • ルツェルン市内散策

    ルツェルンの旧市街はとても明るく、石畳の狭い路地が続く中世の町並みにも活気があふれています。朝から川沿いに屋台がでたり、市がたったり・・・。今回は生憎の雨でしたが、屋台で買ったパンを食べながら、カペル橋をぶらぶらするのも楽しいですね。
    ルツェルンのシンボルであるカペル橋は、実は湖から襲ってくる敵から町を守る城壁の一部。旧市街は湖、川、そしてムーゼック城壁に守られていますが、その東の砦がカペル橋、西の砦がシュプロイヤー橋となります。
    そのカペル橋が指し示す方向を左にたどると、タマネギ型ドームのイエズス会協会と、その裏にフランシスコ協会があります。逆にに右にたどるとホーフキョウカイのとがった双塔が。カペル橋のたもとには小さなザンクト・ペータース教会もあり、これら4つの教会とカペル橋はほぼ一直線にならんでいます。
    カペル橋を渡って、旧市街にはいると、迷路のように入り組んだ旧市街です。入り組んではいますが、小さな町なので、10分もあれば、出口にたどり着いてしまいます。

    左:チーズ屋さん
    中:カペル橋
    右:イエズス教会

  • ブリエンツ湖

    今回、グリンデルワルド-ルツェルン間の鉄道からブリエンツ湖がとても綺麗にみえたので、おもわず写真をとってしまいました。
    進行方向右側の席の方が綺麗に見えます!

  • ベルン①

    ベルンは、町が丸ごと世界遺産に登録されているにもかかわらず、近代都市の顔も併せ持っています。ベルン駅も、世界遺産の町には似合わないガラス張りの建物で、構内の設備は観光案内所、銀行、外貨両替所、カフェ、スーパー、レストラン、キオスク・・・などなど14軒ものお店が入っています。
     
    駅を出たら、ローブといデパートの前を通ってシュピタール通りを左に歩きましょう。このあたりは旧市街のなかでは最も新しい地域で、ヨーロッパ最長のアーケード街で雨の日でも快適に歩けます。中にはかわいいチョコレート屋さんや屋台もでています。屋台の周りではホットドックを買ってランチに食べる人であふれていました。
     
    左:中世と近代の融合
    右:おいしそうなチョコレート!!

  • ベルン②

    シュピタール・マルクト・クラム通りへ進むと、中央に「パイプ吹きの噴水」「アンナ・ザイラーの噴水」「子喰い鬼の噴水」などがあり、毎日さまざまな屋台が店を広げ、大道芸人の前に人だかりができます。
    メインストリートのど真ん中で1218年から時を刻んできた時計塔はツィットグロックの愛称で市民に親しまれています。当時はここが町の西の端で、この塔が西門でした。毎時56分から動き出し、11:56の回が最も長く楽しめます。

    左:パイプ吹きの噴水
    中:シュピタール通り
    右:時計塔

  • ベルン③

    旧市街のカジノの前を通ると、足がすくむほどの高さがあるキルヒェンフェルト橋にぶつかります。橋を葉たると、ヘルヴェティア広場にでます。橋は本当に高いので、下を見ると・・・・かなり怖いです。
    ただし、橋からの眺めは最高です!!
     
    左:橋からの眺め
    中:恐怖の橋
    右:残念なが、工事中だった大聖堂

  • ベルン④

    町の歴史と同じくらい古いといわれるベルンのマーケット。連邦議事堂前の広場で、やってました!
    野菜やチーズ・ソーセージはもちろん、洋服・かばんなど、実に様々なものが売られています。

    右:人々があつまるマーケット
    中:屋台で、スナックを★
    右:卵も売ってます
     
    他にも、町のシンボルのクマ園やバラ園など、見どころがあります!
    スイスパスをもっていれば、アルプスからチューリッヒまでの途中に立ち寄ることも可能ですので、
    ぜひ訪れてみてください!