登るならどっち?ワイナピチュ山orマチュピチュ山 | ペルーの旅行記

支店
渋谷
新宿
横浜
銀座
名古屋
大阪
福岡
札幌
広島

登るならどっち?ワイナピチュ山orマチュピチュ山

エリア
マチュ・ピチュ
/ペルー
テーマ
世界遺産
時期
20170108~20170110
投稿日
2018/2/18
更新日
2020/3/21
投稿者
杉浦 悠斗

数多くの世界遺産を有する南米大陸。

その中で1番の知名度・人気を誇るのが【マチュピチュ遺跡】ではないでしょうか?死ぬまでに行きたい旅行先としてマチュピチュ遺跡を考えている人は多いと思います。
そういう私もそんな大勢のうちのひとりでした!
今回は昨年マチュピチュ遺跡で実際に登った経験をもとにワイナピチュ山とマチュピチュ山の違いについてご紹介します!

スタッフおすすめ!お得ツアー

羽田発!【自由行動好きにお勧め★】 弾丸ツアー★英語ガイドが案内!世界遺産マチュピチュ遺跡観光付♪憧れの展望列車利用♪現地支店あり!夢のようなペルー6日間!

羽田発

羽田発!【自由行動好きにお勧め★】 弾丸ツアー★英語ガイドが案内!世界遺産マチュピチュ遺跡観光付♪憧れの展望列車利用♪現地支店あり!夢のようなペルー6日間!

日数:6日間  
旅行代金:208,000円~258,000ツアーはこちら

  • 知名度抜群!テレビでも特集されるワイナピチュ山

    • こんな急な坂道を登ります。結構急な坂道です。

    • ワイナピチュから見たマチュピチュ遺跡とその後ろのマチュピチュ山

    • ワイナピチュから見たマチュピチュ遺跡(アップ)

    まず王道なのが【ワイナピチュ山】です。

    テレビや雑誌、SNSで見るマチュピチュ遺跡の写真に必ず後方に移っている山がワイナピチュ山です。横たわった人の横顔のようだと形容されます。

    マチュピチュ遺跡そのものの標高が2,430mなのに比べ、ワイナピチュ山の標高は2,693mとなっています。

    ワイナピチュ登山は、山肌の登山道をジグザグに片道45分~1時間かけて登ります。一部、人ひとりがやっと通れるくらいの細い急な登り道や階段を、ロープを使ったり、大きな岩をよじ登ったりしますので、結構ハードな登山になります。過去に滑落事故も起きたことのあるルートなので、十分注意して登って行きます。

    途中いくつかあるビューポイントからも、遺跡を見下ろす景色が見られます。

    山頂は、狭い岩場になっていて、人気の山には次々と登頂する人が。
    この旅のハイライト間違いなしの絶景です!!

    あまり長居をできるような雰囲気ではない印象で、一息ついて下り始めました。

    < ワイナピチュ向きのお客様 >
    足腰に自身のある方、冒険心のある方、高所が好きな方

  • 知る人ぞ知る!自分のペースで登れるマチュピチュ山

    • この写真の後、豪雨で写真撮れず...

    【マチュピチュ山】って、マチュピチュ遺跡のこと...?そんな風に思われる方も多いのではないでしょうか。


    ワイナピチュ山を背景にしたマチュピチュ遺跡の写真があまりにも有名ですが、その写真を撮っている人の背後にそびえるのがマチュピチュ山です。

    ワイナピチュ山と比べると知名度が低く、あまり日本人にはなじみのない登山道かもしれません。しかしこのマチュピチュ山登山も、ワイナピチュ山に負けず劣らずの体験ができます!

    マチュピチュ山の標高は3,082mほどで、ワイナピチュよりさらに高くまで登ります。そう聞くとすごく過酷な登山に聞こえますが、マチュピチュ山の登山道はワイナピチュ山に比べるとなだらかで道幅も広く、歩きやすい道が続きます。後半は、石畳の階段がちょっとキツイです。

    片道1時間30分~2時間と、歩く距離と時間はワイナピチュ山よりも長いですが、人も少ないので自分のペースでゆっくりと登れる印象です。

    道中、マチュピチュ遺跡を見渡せるビューポイントはワイナピチュ山ほど多くはないですが、周りの大自然を感じながら登山できるのもマチュピチュ山の特徴です。

    ワイナピチュ山頂から遺跡の距離感よりも少し離れたところから、大自然の中の一部であるマチュピチュ遺跡の景色をお楽しみいただくことが出来ます。

    こちらも文句なしの、絶景です!

    < マチュピチュ山向けのお客様 >
    他の人のペースを気にせず自分のペースで歩きたい方、
    高所恐怖症で高さが不安な方、長い距離歩くのが好きな方

  • 登山好きならぜひ1泊2日がおすすめ!

    • 通常の入場券で見れるスポット

    • 通常の入場券で見れるスポット

    • 通常の入場券で見れるスポット

    • 通常の入場券で見れるスポット

    ワイナピチュ山とマチュピチュ山の違いが伝わりましたでしょうか?

    ひとつだけ確実なのは、どちらに行っていただいても大自然とマチュピチュ遺跡の景色がお楽しみいただけます!各々の体力やお好きなスタイルに合わせてお選びいただければと思います!

    両山ともに、1日の入場者数制限があり、年々売り切れのペースが速くなってきていますが、マチュピチュ山の方が、残数があることが多いです。

    人気のワイナピチュ山、実力のマチュピチュ山と、どちらも魅力のある登山なので、ぜひマチュピチュ村で1泊していただきマチュピチュ遺跡を観光めいっぱいお楽しみいただければと思います。

    登山はちょっとな。。。という方に、登山なしの通常の遺跡入場券で散策できる遺跡内のおすすめスポットもございます。
    その昔マチュピチュの町(遺跡)とインカ帝国の首都クスコを行き来するのに使われた【インカ古道】のハイキングで、【太陽の門インティプンク】のモニュメントまで、クスコの方角に向けて片道1時間30分ほど、ゆるゆると登り坂を行きます。最終的にワイナピチュ山よりも高い2,720mの標高に至り、こちらもルート中にマチュピチュ遺跡の全体像も見渡すことができます。

    ちなみに、ガイドブックやSNSで有名なマチュピチュ遺跡の写真は通常の入場券の入場範囲から見れる景色です。登山をしないと絶対に遺跡観光を楽しめないということではないのでご自身のペースで遺跡観光を楽しんでくださいね。

    登山をされる方は、防寒着と滑りにくい靴、雨具、水、日差し対策など十分にご準備を。

    エスティーワールドには実際に現地に行ったことのあるスタッフも多くいますし、現地で働いているスタッフもいます!
    ご不明な点がありましたらお話をお伺いさせていただければと思いますのでお気軽にお申し付けくださいませ!!