田舎町ライ!ロンドンから日帰り☆~童話のような街を探索しよう♪~ | イギリスの旅行記

支店
渋谷
新宿
横浜
銀座
名古屋
大阪
福岡
札幌
広島

田舎町ライ!ロンドンから日帰り☆~童話のような街を探索しよう♪~

エリア
ロンドン
/イギリス
テーマ
街歩き
時期
2020/02/05~2020/02/05
投稿日
2020/3/7
更新日
2020/3/25
投稿者
伊藤可奈子

2度目のロンドン、せっかくならイギリス郊外の雰囲気も味わいたいなあと思い、

ロンドンから鉄道で1時間半で行ける田舎町、「ライ(Rye)」まで足を延ばしてきました!

スタッフおすすめ!お得ツアー

【座席数限定】羽田夜発ターキッシュエアラインズでいく♪見所満載!歴史と現代が交差する街ロンドン ZONE2までの市内ホテル泊!5日間

羽田発

【座席数限定】羽田夜発ターキッシュエアラインズでいく♪見所満載!歴史と現代が交差する街ロンドン ZONE2までの市内ホテル泊!5日間

日数:5日間  
旅行代金:63,800円~100,800ツアーはこちら

  • ライまでのアクセス

    • Southeastern線

    • 往復の切符/車内でチェックが入ります。

    ロンドンから行く場合はいづれにしても乗換が必要になります。

    Ashford International(アシュフォードインターナショナル駅)まで市内の各駅から移動し、

    その後Ashford InternationalからSouthern(サザン)にてRye(ライ)駅まで。

    このSouthern線は1時間に一本しか運行が無いので、

    帰りの便もチェックしておくことがマストです!


    私はSt. Pancras(セントパンクラス駅)からSoutheastern(サウスイースタン)

    Ashford International(アシュフォードインターナショナル駅)まで40分ほど電車に揺られ、

    その後Southern線に乗り換え、Rye(ライ)に到着しました!


    ≪アクセス≫

    St. Pancras駅(セントパンクラス駅)

    Southeastern線(サウスイースタン線)(所要約40分)

    Ashford International(アシュフォードインターナショナル駅)

    Southern線(サザン線)(所要約20分)

    Rye(ライ)


    料金は片道37£(約5,500円)でしたが、オフピーク/ピークで料金が変わります。

    往復セットで買うと、チケット窓口で帰りの時間帯を聞かれるので、

    予め何時頃帰ってくるか決めておく必要があります。

  • 早速ライの街歩き♪

    • ライ駅

    • 何でもない道端でとった写真も素敵に写ります

    • 立寄った雑貨やさん

    ライ駅に降り立った瞬間から、街のかわいらしさにときめきます。

    駅舎もとっても小さく、まるでおもちゃの街のよう。
    まずはライの中心にある教会を目指して散策しました。

    小さな個人経営のお店が立ち並ぶ中で
    気になるお店を見つけたので入ってみると、
    とっても素敵なポストカードが。
    ライの街を描いた油絵が素敵で、
    思わずたくさん買ってしまいました。

    どこを撮っても絵になる街並みは、まさに絵本の世界。

  • セント・メアリー教会のステンドグラスにうっとり

    • 時計が素敵!

    ライの街の中心部、セント・メアリー教会まではのんびりお買い物しながら歩いても15分ほど。

    正面の大きな時計が目印です。

    中に入ると美しいステンドグラスに目を奪われます。
    ちょうど夕日が差し込む時間で、時が止まったような空間でした。

  • セントメアリー教会から町を見渡そう

    セントメアリー教会には展望台があり、ライの街を一望できます。
    展望台に上る途中、外から見えた大きな時計の裏側を通っていくのですが、
    一定時間おきになる鐘を直に見ることができます。
    展望台までの階段はとても狭いので足元と頭上に注意です。

  • クリームティーでちょっと一息

    • クリームティーが絶品です

    • 見た目からかわいらしくてわくわく

    • ライの地図

    歩いて疲れたら、ティールームでちょっと一息。

    イギリス名物のスコーンを手軽に楽しめるクリームティーがお勧めです。

    ライには何件かかわいらしいティールームがありますが、
    今回は『The Cobbles Tea Room』にお邪魔しました。
    ライのかわいらしい観光MAPも置いてあり、店内もシルバニアファミリーのようなかわいい内装です。

    クリームティーはスコーン二つに山盛りのロテッドクリーム、紅茶のセットです。
    アフタヌーンティーよりも気軽に楽しめますよね。

  • 現実にこんな通りがあるなんて!マーメイドストリートを歩こう♪

    • 通りの入り口

    ライで私が一番行きたかった場所、マーメイドストリート(Mermaid St)。

    丸い石が細かく敷き詰められた石畳の坂道で、両脇にかわいらしいお家が並んでいます。

    ちょうど間に夕日が移って、ロマンチックで美しい通りでした。

  • おわりに

    2-3時間あればぐるっと回れる小さな町ですが、

    かわいらしい雑貨やさんやアンティークショップが多くあるので、
    ゆったりめに時間を設けるのがおすすめです。

    コッツウォルズみたいな町も見てみたいけど
    時間が足りない、、という方も必見です。
    コッツウォルズよりも手軽に、イギリスの田舎風景を楽しめます。

    華やかで賑やかなロンドンもいいですが、
    イギリスならではの味がある田舎町、ライに是非訪れてみてください!