専門別サイト
一覧
ダイビング
サーフィン
ゴルフ
ウェディング
クルーズ
世界遺産
海外旅行の新基準「レーベル」
レーベルについて
一人旅行
家族旅行
上質な旅
直前バーゲン
女子旅
弾丸旅行

海外旅行・ツアーTop  >  フィンランドの海外旅行・ツアー >  フィンランド基本情報 ~生活・交通機関編~

エリア基本情報

ビデオとDVD方式 テレビ・ビデオはPAL方式。日本やアメリカのNTSC方式とは異なる。一般的な日本国内用の再生機では再生できないので、ビデオ・DVDなどを購入する際は要注意。
電話のかけ方 日本への国際電話は国際電話識別番号(00、990、994、999のいずれか)、日本の国番号「81」、市外局番(最初の0は不要)、電話番号の順にダイヤルする。
公衆電話はコイン用、テレホンカード用、クレジットカード用がある。テレホンカードは駅やキオスクやホテルのレセプションなどで購入できる。主要ホテルでは客室からダイレクトに国際通話が可能。
ビジネスアワー 一般的な営業時間は次のとおりだが、あくまでも目安であり、店によって異なる。
【銀行】月~金曜9:00~16:15。土・日曜・祝日は休み。地方によって営業時間は異なる。ヘルシンキ市内は土・日曜も営業。
【ショップ】月~金曜9:00~18:00、土曜9:00~14:00が一般的。日曜は休み。デパートは月~金曜9:00~21:00、土曜9:00~18:00。基本的に日曜は休みだが、店によって営業時間は異なる。一部のスーパーや店では、日曜・祭日でもオープン。
【レストラン】店によってさまざま。早朝から深夜までオープンしているところもある。
市内交通手段 ●ヘルシンキ
【トラム】
グリーンと黄色のツートンカラーで、市内の観光ポイントにアクセスするのに便利。特に3Tと3Bは環状線になっており、主な観光地を通っている。HKL社が運行するトラム、地下鉄、バス、フェリーは共通チケットで乗車可能。料金はゾーン制で、1時間以内なら相互乗り換えもできる。ヘルシンキ・カード(公共交通機関や博物館などの入場料が無料)や1日券などのお得なチケットもある。
【地下鉄】
1ラインのみだが、中心部から郊外まで走っている。市内中心部の移動にも便利。チケットはトラムと同様。
【バス】
市内をくまなくカバー。フロント前面に系統番号と行き先が表示されている。路線が複雑なので、観光客が利用するにはハードルが高い。チケットはトラムと同様。
【フェリー】
マーケット広場~スオメンリンナ島、マーケット広場~コルケアサーリ島、ハカニエミ~コルケアサーリ島の3路線をHKL社が運航。チケットはトラムと同様。
【タクシー】
流しのタクシーはないので、タクシースタンドから乗車するか電話で呼び出す。料金はメーター制。深夜や週末は割増料金になる。
国内線 フィンランドの国内線は、フィンランド航空Finnair(AY)やその系列会社であるフィニッシュ・コミューター航空Finnish Commuter Airlines、スカンジナビア航空Scandinavian Airlines(SK)系列のブルー・ワンBlue 1などの航空会社が運航している。ほとんどの便がヘルシンキを中心に発着。地方都市同士を結ぶ便はほとんどなく、ヘルシンキ経由になる。
●フィンランド航空(http://www.finnair.co.jp/)
●フィニッシュ・コミューター/ゴールデン・エア(http://www.finncomm.fi/)
鉄道 フィンランド鉄道VRが、総延長6000㎞の路線網を運営。ヘルシンキ~トゥルク、ヘルシンキ~タンペレ間は、特急列車ペンドリーノが走る。ヘルシンキ~ロヴァニエミのサンタクロース・エキスプレス、ヘルシンキ~コラリのオーロラ・エキスプレスなど、夜行列車も運行している。ペンドリーノやインターシティは全席指定なので予約が必要。スカンジナビア内を周遊する場合は、スカンレイルパス(デンマーク、ノルウェー、スウェーデン、フィンランドの国鉄が乗り降り自由)、ヨーロッパ各国と組み合わせる場合はユーレイルパスが利用できる。フィンランド国内で利用できるフィン・レイルパスもある。
バス フィンランドは非常にバス路線の発達した国だ。南部や中部はもちろん、ラップランドまでも数多くのバス路線が整備されている。最大手のマトカフオルト社Matkahuoltoをはじめ、バス会社はいくつかあるが、料金もバスターミナルもすべて同じ。普通の路線バスのほか、ヘルシンキから北のロヴァニエミやサーリセルカまで行く夜行の直通バスもある。冬期のラップランドは減便する路線や、天候によって大幅に遅れが出たり、欠便する場合があるので注意が必要。
ストックホルム(スウェーデン)~ヘルシンキ(フィンランド)、ストックホルム~トゥルク(フィンランド)など、北欧4カ国間を結ぶ航路が発達している。
車の運転 【運転時の注意点】
車は右側通行。道路整備は良好で、標識もわかりやすい。飲酒運転の取り締まりは厳しく、罰金や拘留などの刑罰が科せられる。シートベルトの着用は義務づけられている。
【レンタカー】
原則として25歳以上。国際運転免許証、日本の運転免許証、クレジットカードが必要。大きな都市の中心部や空港には、大手レンタカー会社のオフィスがある。

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 次へ

ページ先頭へ

お役立ちサイト

  • 外貨プリペイドカード
  • おみやげ宅配サービス ギフトランド
  • イモトのwifi

お問い合わせ先

お客様のご要望に充分にお応えし、+α(プラスアルファ)の感動を提案させていただくために、ご来店は予約をお願いしています。
ご来店予約ご来店の際は、旅への思いを存分にお聞かせください。最大限の準備をしてお迎えいたします!
ご予約は「 来店予約フォーム」をご利用ください。また、お電話でのご予約も可能です。(定休日と営業時間について

インド洋
南太平洋
オセアニア
太平洋
北米
中南米・カリブ海
南米
東南アジア
南アジア
東アジア
日本
西欧
南欧
中欧
東欧
北欧
中近東
アフリカ

▲フィンランドの海外旅行・ツアーTOPへ

フィンランドのページです。フィンランドの海外旅行・ツアーをお考えならエス・ティー・ワールドへ(STW)へ!フィンランドの海外旅行・ツアーのプランを多数お取り扱いしております。フィンランドの海外旅行・ツアーならエス・ティー・ワールド(STW)!

海外旅行・海外ツアーのエスティーワールドCopyright © 2002-2019 STWORLD, Inc. All Rights Reserved.