フィンランドの古都「ポルヴォー」は可愛らしさで溢れていた! | フィンランドの旅行記

支店
渋谷
新宿
横浜
銀座
名古屋
大阪
福岡
札幌
広島

フィンランドの古都「ポルヴォー」は可愛らしさで溢れていた!

エリア
ポルヴォー
/フィンランド
テーマ
街歩き
時期
2019/3/09~2016/03/09
投稿日
2019/4/28
更新日
2019/4/30
投稿者
小手川環

フィンランドのヘルシンキからバスでわずか1時間の「ポルヴォー」

3月初旬のフィンランドはまだまだ寒かった。
ポルヴォーは雪の中でした!
この時期のポルヴォーは観光客もまばらで、お店がオープンしていないところもありましたが、充分に楽しめました。
川面は氷に覆われ、建物の屋根には雪が積もっていましたが、白い雪とパステルカラーや赤レンガ色の建物のコントラストが素敵な光景でした。
ポルヴォーは想像通り、可愛らしくて、落ち着いていてのんびり過ごせる街でした。
ヘルシンキからのショートトリップとしておすすめです。

スタッフおすすめ!お得ツアー

【中部発着】フィンエアー利用!短い日程でも満喫☆価格重視×市内ホテル利用!北欧雑貨の本場「ヘルシンキ」&中世の面影が残るパステルカラーの街「ポルヴォー」へ日帰り♪5日間

名古屋発

【中部発着】フィンエアー利用!短い日程でも満喫☆価格重視×市内ホテル利用!北欧雑貨の本場「ヘルシンキ」&中世の面影が残るパステルカラーの街「ポルヴォー」へ日帰り♪5日間

日数:5日間  
旅行代金:114,800円~312,800ツアーはこちら

  • カンピバスセンターよりポルヴォーまでバスで1時間♪

    • カンピバスセンター 長距離バス行きのターミナルは地下にあります

    • ポルヴォー行きの2階建てバス

    • 赤い車体が目印のONNIBUS

    • ポルヴォーバスターミナル

    今回のフィンランド滞在は1泊!

    翌日の夕方のフライトに乗るため、13時にはヘルシンキに戻らないといけないというタイトなスケジュールの中、どうしても行きたかった「ポルヴォー」行きを決行!

    ヘルシンキ8時発のバスで出発。
    バスは2階建て。座席指定ではないので、好きな座席へ。2階の1番前の席を陣取りました。
    朝早いのもあるのか、乗客はまばらで10人も乗っていなかったと思います。
    バスの社内はwifiも繋がり快適です。
    1時間でポルヴォーにあっという間に到着。

    いざポルヴォー観光へ!
    バスターミナルから旧市街の入り口へは徒歩5分程。
    そこから歩いて大聖堂を目指します。

  • 街の散策♪

    • 大聖堂までの道

    • 大聖堂の前

    雪の降る中、足元に気をつけながら大聖堂へ向かいます。

    大聖堂への道の両脇には色とりどりの個性豊かな木造家屋が立ち並んでいてとてもカラフルで可愛らしい!

    雪道を滑らないように歩いていくと、坂を登りきったところに白い壁の大聖堂が見えてきました。
    旧市街の入り口からは5分くらいで高台に立つ大聖堂に到着。

  • ポルヴォー大聖堂

    • ポルヴォー大聖堂

    • ポルヴォー大聖堂

    • 今も演奏に使われるパイプオルガン

    外観は教会に見えない、白い壁のとてもシンプルな建物です。
    「こんな可愛らしい素朴な教会みたことない!」としばし感動。
    教会をかわいらしい、なんて不謹慎なのかもしれませんが。
    とにかくこじんまりとして白と茶色の枠組みが周りの雪によく映えて素敵でした。

    教会の内部はゴシック建築で厳かな雰囲気です。
    大きなパイプオルガンもありました。

    この大聖堂が建てられたのは1450年。過去に何度か火災に遭っており、直近では2006年にも火災に見舞われたそうです。現在見られるのは、その後2年がかりで再建された教会との事。

  • 赤レンガ色の木造倉庫群

    • 赤い壁の倉庫群♪

    • 橋を渡った対岸から

    • 橋の上からの眺め

    大聖堂近くから坂道を下ると橋があります。

    その橋を渡って、川沿いを散策しました。
    すると、赤壁の倉庫群が見えてきました。
    よく写真で見ていた景色がそこにありました!

    ポルヴォーは昔から貿易の中心地だったため、遠い国々から運ばれてきた香辛料やワインなどが、この倉庫で一時貯蔵されていました。
    なぜ川辺の一帯の建物だけ赤く塗られたのか……それは当時この地を治めていたスウェーデン王のグスタフ三世に敬意を示すためだったそうです。

    いくつかの倉庫内では、カフェや小物屋のお店が営業しています。

  • 旧市街をぶらり街歩き♪

    • 子供服がとても可愛い!

    • ピンクの車が目印のお店

    • 入ってみたくなる雑貨屋さん

    • おしゃれなお肉屋さん

    旧市街から対岸を赤い倉庫群の写真を撮りながら歩いて行き、
    そのまま橋を渡って旧市街の入り口に戻ってきました。

    旧市街のお店もちょうどオープンする時間になっていて、ぶらぶら街歩きを楽しみました。

    どこのお店も、店先に下がる看板がユニークだったり、かわいかったり。。見ているだけで楽しい。
    気になるお店を覗きながら散策しました。


  • カフェタイム&チョコレート屋さん

    • お洒落なカフェ

    • 広い店内

    • ティラミス美味しい♪

    • たくさん買ってしまうチョコ♪

    下調べしていた「ZUM BEISPIEL」へ。

    ここはパスタやお肉料理が食べられます。日替わりのランチメニューもあります。
    時間の関係でランチは採らず、カフェラテ&ティラミスを注文しました。大きなガラスの器に入ったティラミスは食べ応え充分!

    すぐ近くにポルヴォーで有名な老舗のチョコレート屋さんがあります。
    ここ「Brunberg Candy Factory Shop」では試食もok!
    Fazerより好きかも。。。すごく美味しいです!
    ついつい食べすぎてしまいました。。
    スイーツのお土産を沢山購入してバスでヘルシンキに戻りました。 

    半日あれば街歩きを楽しめる「ポルヴォー」
    夏は観光客で賑わい、川沿いのテラスでくつろいだり、夜遅くまで明るいカフェで楽しんだり出来る街との事。
    またその時期に来たいな、、。
    北欧に来た!と思わせてくれる古都ののどかな街。
    ヘルシンキ滞在中に訪れてみてはいかがでしょうか。

    STWでは「ポルヴォー」を訪れるツアーも販売中です♪